お年寄りの方も楽しめるトレーニング方法を伝えるサイト

>

身体をのばしてのびのびトレーニング

ストレッチは内臓に良いのです

「ストレッチ」と聞くと運動効果が高いと感じないかもしれません。
しかし、そんなことはありません。

確かに、ストレッチは身体の筋を伸ばして怪我を防止するためにあります。
ウォーキングのような、燃焼するトレーニングとは異なります。
しかし、運動効果は抜群です。
ストレッチは身体のある部分を鍛えることが出来ます。
それは「内臓」です。
ストレッチは身体の筋を伸ばしてほぐす以外に、内臓の筋肉にも刺激を与えます。
身体の内側から燃焼することが出来るトレーニングなのです。
ストレッチなら、ラジオ体操同様に自宅で出来るトレーニングですので手軽に出来ますね。
また、ストレッチがお年寄りの方のトレーニングに非常に向いている理由があるのです。

怪我の防止にも良いストレッチ

お年寄りの方は身体の筋肉量が少ない傾向にあります。
ほどよい運動が良い理由はそこにあります。
少ない筋肉にいき過ぎたトレーニングをすれば、身体をすぐに痛めてしまって継続して運動が出来ません。
トレーニングは、一日みっちりやれば良いというものではないのです。
日々行うことで身体が強くなり、健康でいられるのです。
だから毎日行えるものが良いのです。

その点で非常に有効なのがストレッチです。
ストレッチは、身体の柔軟性を高めることが出来ます。
お年寄りの方にとって怖いのは怪我ですよね。
筋が硬いと怪我をしやすくなるので、ストレッチは怪我の防止に効果があります。

また内臓の働きが向上するので、消化不良の改善に効果があります。
ちょっとした病気にもかかりにくくなります。
お年寄りの方にとって、軽い風邪が大切な健康を脅かすことにもなります。
それを予防できるストレッチは、健康寿命を延ばす点において最善のトレーニングなのです。